カキナグール

アクセスカウンタ

zoom RSS 尼崎の脱線

<<   作成日時 : 2007/05/24 06:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

わしの家の近所。
ってわけではないのですが。
わしにとっては因縁めいた街の話なので●●●●●
もうにねん●●●●●●
かえらぬひとに●●●●
ついとうを


そんな感じのわし具合
読んでるあなたはいい塩梅?

JR西社長「さらに安全を」尼崎JR脱線事故から2年
とちょっとですね

JR福知山線の事故から2年
きっこ著
のように
事故を起こした企業の対応にはみなさん苦々しく感じておられるでしょうが
わしはそれほど対応如何に着目せず
追悼のみに目を向けさせていただきます
ので企業へのバッシングは皆さんお願いいたします
それも追悼になると思いますので

丁度2周年でもなく
だいぶん時期はずれるのですが(汗)

追悼。
あもちんさんに影響を受け
行って参りました
かの地へ
昨日上げた記事と時間は前後し
時は元禄
5/22(火)午前11時
マンションは綺麗に
しかし閑散と鳩がいるのみ
皆さんご存知のようにここ
神戸と大阪の間にある街
この北には伊丹・宝塚がありそのまた上に
三田(さんだ)なる新興住宅地があり
そこから大阪市内・神戸市内へ通勤する方々が多く死傷されました
ってのはみなさんご存知の情報
じゃそこの今は

事故現場最寄の踏み切りは事故現場より南に位置
画像
その踏切の西側より事故現場を眺める
電柱が邪魔なのにこの構図で撮るのは
わしの下手な写真の証拠(笑)
画像
丁度電車が来た
画像
東側に渡ると
画像
花が供えられている
画像
祠っての?
お地蔵さんっての?
画像
踏み切りの東側から事故現場を見る
画像
今度は北へ向かう電車
画像
通過
画像
でマンション内は入れないので
マンション東にある献花台への道の入り口へ
あー献花台は事故現場北にある
そこへ行く道はここひとつ
入り口には警備員が二人
深々とお辞儀された
「暑い中ご苦労様です」
と言われたんで
こちらも
「暑い中お疲れ様です」
と返す
でマンションの電車がつっこんだ箇所につくられたお祈り所に向かうと
そこにも警備員が二人
事前に先ほどの警備員から無線で連絡が行ったか
こちらが気づく前に気づかれたか
わしが見つけた瞬間から頭下げっぱなし
でわしが祈り終えて
「暑い中お疲れ様です」
というと
「暑い中ご苦労様です」
と言葉を発され初めて頭を上げ顔を見せてくれた
で更に奥にある献花台へ
画像
途中振り向いて
画像
改めてみると当時の凄惨さが薄まっていますか
画像
・・・
画像
献花台へは花持ってきてないし
鶴も持ってきてない
でもまた連絡がいってんのか
今度はスーツきた若いのがこっちじーっと見てる
流石にさっきの警備員の人みたく頭下げっぱなしの出迎えはないらしい
その場からお辞儀をすると
あちらもお辞儀で返した
出来た道を戻ると
さっきの警備員二人がまた頭下げっぱなし
余りにも気の毒なんで再び
「暑い中お疲れ様です」
と言って帰ってきた
ともう一箇所
画像
本当に行ったのか?
ここを毎日読んでくれている人はそんなこと思わないでしょうけど
一応証明としてわしと事故現場
画像
ここからの映像はみなさんよくご覧になったでしょう?
画像
その地点から北のほうを見ると名神高速道路
白に青の線がはいってんのがそれ
近いでしょ?
事故当時も名神を通ることは多くて
西向きに走っているときは南に見える事故現場
走っていると左に見えるんですけど
常時クレーン車が見えたものです
事故当日ではないですよ
事故後も数ヶ月くらいは怖くてそこらへんは行けませんでしたし
用もなく行く場所でもないですし
行くべきでもないです
もう少し視点を左(西)へ向ければ綺麗な住宅街
その西には自動車の板金屋やら
ジャンク屋が多い
さっきの踏み切り西には学校があって事故当時はヘリコが発着したり
緊急車両が駐車場にしたり協力してた

でなんでわしがここへ来たか
どんな関係があるかってーと
さっきのマンションの南向かいにこの街の中央卸売市場がある
わしの祖父が商売している時にオカンがよく来ていた場所で
勿論祖父・祖母も来ていた
でオカンは商売手伝い後も
この近くにあるスピンドルって会社に就職してた
でオトンとケコーンするまで働いてたっていう因縁?がある(笑)
皆さんご存知のように
この会社事故直後から操業止めて
事故の直接・間接救助に全力を挙げた
オカンの歴史を知っていてこの企業の名前は知っていたものの
そんな素敵な会社だとは知らなかったし
頑張ればいけない距離ではない場所
身内や仲間が死傷したわけではないけれど
コレは行かなきゃ行けないって勝手に感じて
事故当時は流石にウレシみたいなので行かなかったのだけれど
毎年落ち着いてからは
テレビに忘れられている頃節目でない日の平日にこっそり伺っている
から
長くてすまんね(笑)

でわしがどう感じているか
実際の被害者でないわしが言うのはたわごとだとはわかっています

警備員さんはマニュアルどおりに動いているとしても
それを指導しているのはJR
本来ならJR職員がそこへ立て
とも思いますがそこまでわしは言いません
適材適所
職員は自分のすべき仕事で同じ過ちを繰り返さないよう努力している
と信じます
実際ここに立って被害者の鎮魂や参列者の対応は既に経験済みか
他の活動で十分に勉強したとも信じます
冒頭に紹介したきっこさんの日記では上の連中が云々ですが
それも正しいと思います
が実際にここに来て見てわしはJR頑張ってんじゃないの
と思いました
うわべのフリ
で騙されたのかもしれませんがね(笑)

遠くでこられないかたはしようがないですけど
色んな視点から色んな書き物が出た事故です
実際に見たいつもバカやってる
あのヤンが見てこんなこと書いとった
これもみなさんの判断材料になればいいなー
と思って書いたのでした(笑)

でこの日はこの後梅田に行って
こうなりますた(笑)


RAGさん
玄関カウンタで5000HITおめでとうございます!
これからもよろしく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
テレビで見た風景と同じ風景です。
ヤンさんにとって因縁ある土地だったんですね。謹んで被害者の方のご冥福をお祈り申し上げます。
ヒロシ
2007/05/24 10:24
「スピンドル」って 言う会社は・・・ えらいよな〜・・・と 思った!
会社の 「操業」を 止めてまで 「救出」を 手伝って いた・・・ 
いつも 思うが・・・災害時に いち早く それを やるべきなのは・・・・・「一般の人」では ないだろう!って・・・
床屋 「おばちゃん」で 亡くなって しまった人がいて・・・・ それを TVで 「ドラマ化」してやったときに・・・・「涙」が 止まらなかった・・・・ 「いいおばちゃん」だったらしい・・・・ 本当に・・・ご冥福を お祈りしたい・・・・・。 
432R
2007/05/24 10:53
う〜ん。ヤンさんに縁のある土地なんですね。
そういう場所ってありますよね?
あもちん
2007/05/24 15:31
何を言っても死んだ人達は帰らない。
「人災」は人間の宿命です。
当事者で無い限り在り来たりの事しか言えないですよね。
ジッチャン
2007/05/24 21:09
この日は夜間作業明けで事務所で仮眠から起きてテレビを見たら凄いことになってたってのを覚えています。

しかし、証拠の品が説得力ありますね。
っていうか、こんなもんいつも持ち歩いているんですか?
7thくん
2007/05/24 21:45
こういった「人災」は風化させて
は成りませんよね。こうやって当時
の事を振り返る事も大事ですね。

が、しかし其処はヤン様・・・
7thさんが触れてはいけない部分を
指摘されましたが、ヤリマシタネ?

更に最後のは、この記事の内容で
で返答で来ません(汗)気に掛けて
頂けてるのは嬉しい事ですが(滝汗)
RAG
2007/05/24 23:30
ヤンさんにとって縁がある土地だったとは知りませんでした。
たしかマンションの地下は事故を風化させないために柱の傷とかをそのままにしているって聞いたような? あの事故はJRにとっても1つの教訓。絶対風化させてはなりません。
DeepSky
2007/05/25 00:49
ヒロシさん
この後は楽しかったのでギャップが(汗)

432Rさん
ドラマもいくつか作られてましたね
吹石ちゃんのでてたのは見ました

あもちんさん
そうみたいなので参ってます

ジッチャン
安全と信じていた乗り物の事故
怖すぎますね

7thくん
マニアですから(笑)
アッガイ

RAGさん
もう2年なんですねー

DeepSkyさん
ハイ
その場所の前に何かの仏像
地下が見える穴が開いていました
近づけませんでしたが
ヤン
2007/05/25 21:18
ガンダム系があるとギャグっぽいw
tk
2007/05/26 01:05
悲しい話
気を紛らせてください(汗)
ヤン
2007/05/26 12:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
尼崎の脱線 カキナグール/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる