カキナグール

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪山を裸足で滑る 友人H口の話

<<   作成日時 : 2006/10/04 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

初めてのスノーボードでウエアは購入して持って行きゲレンデに出発
現地で板とビンディングと靴を借りに行ったのだが
一緒に借りに言った友人H口がいつもの天然ボケを発揮
まず始めに身長に合わせて板の長さが決められ
その板と付いているビンディングだけを受け取った
素人なので聞いてくれなくても良いのに店員さんが
その大きさで良いですか?と問う
その板の長さで良いですか?
という意味で聞いてくれたのだが
友人は自分の靴を脱ぎ板についたビンディングに
靴下のまま固定し始めた
勿論専用の靴をはいてから固定するものだから
隙間があきあきでぶかぶか固定されるはずが無い
店員さんも次に渡すつもりだった靴を持ちながら困惑顔だ
それでも友人H口は限界いっぱいまで締めてがんばった
「少し大きいですね−」
いやいや全然間違ってるし
「靴はかな!」
「ちゅーかもう少し小さいサイズやったらそのままでいけんのかい?!」
まだまだ序の口
初心者講習では更なる事件が起こったのだが

それはまた別の話

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪山を裸足で滑る 友人H口の話 カキナグール/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる