クレイモア 6

漫画のクレイモア6巻。
アニメは一切見ていない。
その6巻と日記の話。

いきなりの
すずしさきたりて
せぷてんばー


そんな感じのわし具合
読んでるあなたはいい塩梅?

昨日の深夜チャリンコ漕いでたんですけどね
まだ暑いだろうと思って
短パン
ノースリーブ
サンダルの軽装備でいたら
雨降ってるのもあいまって
寒い寒い(笑)
いよいよ秋ですか?
もう暑いのは来ませんか?
油断していいですか?(笑)

イルドルゆずきの「PC」って作れるの?(7)ゲームスタート!
オンラインゲームを遊ぶために初めてのパソコン(PC)の自作を達成してしまったイリュージョンアイドル云々

秋の夜長にいかがかゲーム
オンラインなら出会いもあるよ

やるのはタダでも
結局ゲ-ムの中でお洒落な服着たり
経験値を早く溜めたりするのに金を使わされるようですね
一切そういうのを購入せずにプレイしても面白くない
ゲームの参加は無料でも
楽しむ為には有料と
現実世界と同じで
生きてるだけならタダだけど
何かをするには金が要る
無料オンラインゲーム
お金の回収はそんなシステムのようです
それならゲームの参加から有料な昔からある
ディアブロ
ラグナロク
ウルティマなどのほうがきっと面白いでしょうね
興味はあるもののまだ進入していませんが(笑)
一時期話題になったセカンドライフは絵が荒くて
一回来てもう来ない一見さんが多いようで(笑)
それもカウントして流行ってる流行ってるというもんだから
世界的にわっとなったげど
もう沈静化(笑)


クレイモアの話

男の覚醒者は強く
倒れ行くクレアたち
一人戦うミリア
男の覚醒者はミリアのことも知っていて
今までに多くのクレイモアを倒してきたような言い草

苦しい戦いも
一時的な超スピードで幻影ができるミリアは奮戦
幻影のミリアと言われる所以

ミリアも倒れ全滅を覚悟するが
クレアは一人立ち上がり覚醒者に向かう
妖気を感じとり戦うスタイルのクレアは覚醒者の攻撃が読める
対覚醒者用にその技術を磨いていた?
再び立ち上がったミリアと二人で辛くも覚醒者を倒す

目的の覚醒者狩りはすんだものの
この任務の人選に当初から疑問を持っていたミリア
メンバー全員に話を聞く中で
全員が妖魔に覚醒しかけた経験があり
組織に対して反抗的との共通点が明らかになる

ミリアはメンバー全員を任務にかこつけて処分する組織の意向があったのでは?
自身は組織にとって知られたくないことを知ってしまったのでは?
と考えていた

そして
このメンバー全員が経験した
覚醒しかけた経験は
既に覚醒してしまっている状態だ
と言い切る

そのやりとりを遠くから探る組織の黒服とクレイモアの女戦士ナンバー3のガラテアが一人

しかし
これからも組織に自分たちの体・思いを隠し
普段どおり当たり障り無く任務に就くように支持
覚醒し(かけ)たメンバーの実力はかなり高いので
ナンバー1桁台とも対等以上に戦えると言う
反面5から上の実力は桁違いなので
敵対することがあれば
戦うなどと思わず
逃げることだけを考えろ
とミリアはメンバーにさとし解散するのだった

ナンバー1 アリシア

2 ベス

3 ガラテア

4 オフィーリア

5 ラファエラ

そして任務を無難にこなし続けるクレアにまた覚醒者狩りの任務が
前の覚醒者より強いとの情報も

事前にラキを待機させ忘れたクレアは
任務の街にラキ同伴で到着
すると既にナンバー4のオフィーリアが待っていた
今回の任務はこの二人で対応するらしい


いきなりクレアに対し覚醒者に似た匂いを感じ刃を向けるオフィーリア
ミリアから特に危険なので関わるなと言われていたオフィーリアはやはりヤバイヤツだった
ゲームだとほざきクレアの両足を切断
ラキに切りかかり
クレアに両足を治して助けに来いと笑う
その忙しいときに覚醒者が現れ

オフィーリア+クレアVS覚醒者戦スタート

クレアは両足をくっつける作業に集中
オフィーリアはその間ラキをかばいながら戦う
と語るも
いきなり足手まといは不要

ラキを覚醒者に投げる
覚醒者はラキをおいしく頂こうとする
助けに入るクレアを抑えるオフィーリア
もうめちゃくちゃ(笑)
この状況ににぶちぎれたクレアはオフィーリアの手を逃れ
ラキを救出
その瞬間の覚醒をオフィーリアに見られ
やはりクレアは覚醒者だと確信し
任務で倒す覚醒者ともどもクレアも殺す宣言するオフィーリア

クレアは逃亡することに決め
ラキを体にしがみつかせ
ダッシュ!

追うオフィーリア
を追う覚醒者はオフィーリアを捕らえ
1対1の戦闘のスタート

逃げるクレア
できれば共倒れ
悪くとも勝った方が大きく負傷し追って来ない事を祈りひたすら逃げる
画像
しんだ

"クレイモア 6" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント