カキナグール

アクセスカウンタ

zoom RSS 滋賀雪山

<<   作成日時 : 2012/01/20 12:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

阪神間から雪山に日帰りで行こうと思うと岐阜が限界なんですが
滋賀だと楽勝なので
最近は滋賀がメインです
そのゲレンデたちの評価です

東海北陸道が年々二車線区間を増やしていて
渋滞が減っているとはいえ
やはりゲレンデの多さから
時間帯によって道が混むので
岐阜のほうのゲレンデは敬遠しがちです
でもまああちらのほうは高速道路を降りたら
本当に数分でゲレンデに着くし
雪が降り続いていない限りは
除雪能力も高いので
ノーマルタイヤのチェーン無しでも行けるのが魅力でしょう
なので
ワンシーズンに一回しか滑りに行かない
スタッドレスタイヤ持ってない
チェーンの脱着すら危うい人は
晴れの日を選んで岐阜のゲレンデに行くのが最良だと思う

で滋賀
朽木
函館
バレイ
奥伊吹
余呉
この5つでしょう
他もあるのかもですが知らないので書けません

滋賀県は基本的に標高低いので
山の上のほうにしかゲレンデが無いので
ゲレンデまで車で上るのか?
車は下に止めてゴンドラで上に上るのか
の二つに大別できます

雪山運転初心者はゴンドラタイプの
バレイと函館山がお勧めでしょう
車でゲレンデサイドまで上らない分
車のタイヤの心配が無いですし
その代わり
ゴンドラの往復料金が高かったり
車に気軽に戻ることが出来ないデメリットも存在します
なので
こちらのタイプのゲレンデは
スタッドレスタイヤ装着率の低い
大阪以西からのドライバーが多い傾向
この二つは存在する場所も似通っていて
びわ湖の西側で
名神の京都東か大津で下りて
そこから下道1時間弱のコース
ついでに書くと
琵琶湖が眺められる分
眺めはいいんですが
ふきっさらしなので
強風なことが多いですゲレンデ

もうひとつは自分の車でゲレンデサイドまで上るタイプ
出発時は雪でなくても
ゲレンデサイドでは雪で
路面状況的にスタッドレスタイヤ必須
なことが多いので注意ですが
止める場所によっては
休憩にちょっと使うくらいに便利な近さで
車をゲレンデサイドに止めれたり
ゴンドラ料金分のコストが浮くなどのメリットがある
奥伊吹
朽木
余呉です
余呉は数年前まで2つあったんですが
最近かたっぽしかオープンしません
残念
あと共通しているのは
ゲレンデ直前は山道だけど
高速下りて下道は30分でつくところ
朽木は例外でバレイと函館と同じような場所なので
1時間くらい
高速道路なら除雪能力と
渋滞と情報とで優れるので
やっぱり直前まで高速で行けるってのはメリットある

そんな感じなんで
冬はスタッドレス履いてるわし的には
ちょくちょく車に戻ることも考えて

一人で滑りに行くなら
キッズゲレンデの上る歩道が無いけど
それなりの広さと
斜度があり
パウダー率が高い余呉
午前券もあるので
朝だけ滑りに行ってもお得

子連れなら
上る歩道があり
キッズゲレンデが独立してる
朽木
普通のゲレンデは緩斜面で小さいため
客も少なく駐車場もすいてて
移動も楽チン

奥伊吹は
午前券が無いし
駐車場のキャパシティが広いし
ゲレンデも広い
割と流行ってるので
一人で滑りに行くときで
一日丸丸滑れるコンディションで
朝一で行って駐車場の一番ゲレンデ前に止めれる条件のときに行くかな

って感じです

でも奥伊吹の気分のときは
もう少し足伸ばして岐阜に行こうかな?
とも迷うところです

ゴンドラの
バレイと函館はやっぱり選択肢に無いですね
陸の孤島の気分的な問題で嫌いなのかも
ソレでもこれは個人的な好みなので
車の運転に自信ないとか
タイヤがノーマルとかなら
ぜんぜんお勧めのゲレンデなので
行けばいいと思います

少なくとも西に走った
兵庫県のゲレンデよりも使いやすいことは絶対ですからね

滋賀県のゲレンデ
なかなかに優秀です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
滋賀雪山 カキナグール/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる