カキナグール

アクセスカウンタ

zoom RSS リアル絶叫マシン

<<   作成日時 : 2007/05/06 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

厚生労働省は関係ない。
またうちの近くで事件です●●●●●●
絶叫も●●●●●●●●●●
安全確保で●●●●●●●●
楽しきも


そんな感じのわし具合
読んでるあなたはいい塩梅?

金具や破片…人が落ちてきた 目撃者が惨劇語る

あもちんさんも懸念

ジェットコースターの風神雷神(2)が脱線して二十代女性が亡くなった
スタートから400Mで車軸ナットが落下
そこから300M走った地点で5点ホールドの車輪ユニットが落下
左の方
そのユニットと本体のつなぎ目の車軸が破損した
クルマで言うドライブシャフトか?
破損してからも走行は続き30メートル走った
ナット破損時に誰かが気付かなかったのか?
とも思われるかもしれないが乗っている方々がジェスチャーで?
携帯電話で緊急連絡?
絶叫マシン大好きなわしならともかく普通の人なら無理っすね
下でみている人が気付いたところで
実際破損から脱線まで数分間に合わないし
関係部署に連絡が伝わったとしても
通常ジェットコースターは最後以外ブレーキが効かない
ってか無いので
その走ってるやつが無事に戻るのを祈るしかない
実際この機体にも今回のような事故に有効なブレーキはついていなかった
ジェットコースターの動力エネルギーは
最初高いところに持ち上げてあとはそこから落ちる慣性だけだから
今回出だしで破損して
そこから止まるまでずっと本来は車輪で走るところ(レール)を
ぐらつく車輪で
ボディーの部分で火花を散らしながら走行し続けたわけだ
で限界を超えたパーツが破損しユニットが脱落し
車輪をなくした機体と直でレールが接触
当然失速し停止
慣性が無くなって止まった箇所が斜めになっていて
重力に負けその一両のみレールをつかむ車輪が外れていた為脱線したか
横Gがかかっているところで脱線しなかっただけ被害は少なかったか
とも思うが
その車軸が破損した一両だけ脱線で
前後に繋がっていた他の車両まで脱線しなかったことがせめてもの救い
止まっている箇所は
あのアトラクションの最後の横姿勢になりながら
乗り手の足側にGが掛かる2回転ループの手前
基本的に遠心力によってマシンはレールに垂直に押し付けられる形になるので
入り口出口は危険かもしれないが
ループ中の脱線はないと考えられるので
もう少しでも慣性が残っていれば負傷者はでなかったと推察できることが悲しい
事故の映像や証言を聞くと
「いつもより揺れが音が」
ってのは怪しいとしても
そんな違いがわかるのか?
当日複数回乗っていたヒトの証言もあってそれは信用できそうだが
血しぶきがついていたようなあと
誰かが落っこちた
首を横の安全柵とマシンに挟まれた
等の情報が現時点で入っている
あのマシンの特性として立って乗るってのがある
必然的に普通の座って乗る乗り物と違って横方向のGが掛かると
どんなにホールドしていても人間がすっぽ抜けやすいので
コースの作り方で横に振られないように作っている
通常のコースターで横型のループになっているところは
90度内側に傾けて足元にGが掛かる設計だ
さっき書いた最後の2重ループがそれ
基本的に自分の足で踏ん張る怖さを楽しむ乗り物なので
上下にはがっちり固定されているものの
多少は動くが抜けることは無い
ので横の状態で止まると抜けやすいってのは以前より見てて乗って思った
2重ループの途中で止まってたら脱線して無くてもみんな落ちてた可能性がある
で今回
落ちたヒトいたけど数人
その人が死んだのかどうかまだわからないのだけれど
首を挟まれたあとに落ちたのかなー?
こんな書き方は不謹慎ですが
この事故の要因でこの負傷者の数は少ない方です
勿論亡くなった方にはお悔み申し上げます
負傷された方々頑張って回復されてください
それで遊園地を追い出されちゃったヒトもお気の毒です
あと一日有意義なGWをお過ごしください

でエキスポ
万博があったとこ
遊園地の北には緑地があって
太陽の塔が立ってて
東にはサッカーのガンバ大阪のホームスタジアムがあります
昨年までは毎試合見に行っていたので馴染みがあります
ここは吹田市で大阪市からは少し遠いです
もっと北に行けばジッチャン御推薦のシェルポがあります
関西では続々減っていく遊園地の残り少ないひとつで
後は東条湖ランド
ひらぱーくらいでしょうか
コレにめげずしっかり整備して経営は続けて欲しいです
点検基準が甘いらしいですがこれはわしも他人事ではなく
みなさんにしてもクルマ乗られる方であれば関係あることです
誰かがチェックしているだろう
では安全は確保できない

通常であればGW前にいつもオーバーホールをするようですが
不運にも今年は新アトラクション導入に忙しく
GW明けの実施予定だったらしい
この情報は後から出した言い訳なのか
本当だとしても安全に関わることなら後回しにずらすなんて考えられません
忙しくて重複するなら先行でしょう
結局事故を起こして閉園なんですから本末転倒を地でいっていますね
実際どのような基準・遵守・点検が行われていたのかわかりませんが
定期交換の基準がないのなら
壊れるまで使うのは道理
それが人命に関わるのなら基準を設けない管理者の怠慢
経たり具合が目視で確認できないものなんてたくさんある
わざわざ物体が限界を知らせてなんてくれませんからね
こう思うと割れる前にヒビが入ってくれることなんてありがたいですね
予兆
予報ですもの(笑)

とにかく
エキスポがんばれ
亡くなったかた
まだお名前も存じ上げませんがご愁傷様でした
ちかくですので機会を作ってお参りします
JRのも今年はまだ行っていませんね
わしも最近駄目駄目です(汗)

追伸
きっこさんが内情暴露


絶叫五秒前
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
全国コースター点検 7基車輪などに亀裂 国土交通省 72基は採傷試験せず
 エキスポランド(大阪府吹田市)のジェットコースター脱線事故を受け、各地の遊園地に緊急点検を指示していた国土交通省は23日、全国のジェットコースター306基のうち、内部亀裂などを調べる探傷試験を過去一度も実施していなかったコースターが24%にあたる72基... ...続きを見る
芸能情報と身近なニュース
2007/06/05 12:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
「安全」だと 思ってるのが いざ「事故」が 起きると 管理がすごく「ずさん」な ことは・・・・ 「よくある」ことですね!(それでは いけないのだが・・・・・)でも「立って 乗る」のは・・・・・ どうなの?(怖い? 気持ちいい?)ヤンさん 乗ったこと あるの?    
432R
2007/05/06 11:31
どこで私のブログに「トラック…」しているのかと思いきや…(^^)

私は「バイク屋前」の仕事が「ジェットコースター」を遥かに凌ぐ「怖い仕事」だったので「風神雷神」乗った時も、それ以外の乗り物でも「恐怖」を感じた事はありませんが、今回のような「人災」には憤りを感じますね。
こ数年「エキスポ」も入場者も減って来て「GW」や「夏休み」くらいしか「人出」が見込めず、保守点検をサボっていたとしか思えないし、元々「ジェットコースター」の点検って、人を乗せないで点検しているので「荷重」の掛かった状態で点検しないと意味が無い!と前から思っていました。
亡くなられた方、本当に可哀想でなりません。(−−)
ジッチャン
2007/05/06 11:51
TB有難うございます^^;
小学生の頃フライン○カー○ットなる乗り物を乗ったとき隣にいわゆる百貫デブ殿が相乗りでオイラのトコは安全バーがゆるゆるで投げ出されるのを必至でしがみついた記憶がありますーー;
もう乗りません。
過去にも遊園地の事故ってけっこうあるんですよねーー;
あもちん
2007/05/06 18:33
432Rさん
乗ったことありますよ
近所ですし好きですから
長島の鉄竜も最前列でずっと手上げて乗ってました
白台風は手上げてたらぶつけるところがあるので危険です(汗)

ジッチャン
一番最初の実験段階では砂袋のっけてるみたいですけどね
人災というのはその通りです

あもちんさん
フライングカ−ペッ○に限らず
安全バーはある程度連動していますからね
同乗するメンバーは選ばなくては(笑)
ヤン
2007/05/06 21:20
「ガンダムネタ」あります!? 遊びに きませんか?
432R
2007/05/06 22:08
出遅れた・・・
ボクもあもちんさんと似たような経験あります。
『悪魔のゆりかご』とかそんな感じの乗り物で、乗り飽きてきたボクが刺激を求めてわざと安全バーを少し緩めに(方を思いっきりあげて)つけたところ、本気で落ちるかと思いました。
マジで怖かったっす。
7thくん
2007/05/07 21:59
そう言えば私も
ネズミーランドの落下中に写真撮られるやつで安全バースカスカだったので落下中立って手上げてたらそれが撮影されてて目茶怒られました(汗)
ヤン
2007/05/08 09:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
リアル絶叫マシン カキナグール/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる