カキナグール

アクセスカウンタ

zoom RSS ジッチャンさんの最新試乗記にあふれたコメント

<<   作成日時 : 2006/11/12 19:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

ジッチャンさんの最新試乗記のコメントが多すぎ
溢れた文と本文(笑)

セルボ

リアがドラムなのはユーザーに正しい判断能力がなく
ディスクにしてもコストが上がるだけ
なーんだ値段高っ!て思われるだけだからですね(笑)
よく言えばユーザーのニーズ(見た目の価格の安さ)を反映
悪く言えばユーザーを馬鹿にした対応ということでしょうか

ポルシェ

ポルシェについては下流な生活の私にはあまりにも程遠い存在
正しい知識を持ち合わせていません(笑)
漫画の 彼女のカレラ 湾岸MNにでてくるのを知るくらい
ある一定距離走ると剛性が落ちて
走りの味が変わってしまうので
ポルシェ好き?のオーナーは
いいとこ取りするために
一定距離走ったら次の新車に乗り換えるとかって書いてありました
でも同じ車に乗り続けることも愛情表現で
そういうオーナーだって多いんでしょ?
無知です間違っているかも

「あの味」を持った車
国産ではどんどん無くなっていますね
本田も最近ではかなり怪しい
SH−4WDもレジェンドクラスの車なら
わざわざそれを前面に推すまでも無く
もっと他のアピールの仕方があるはず
スバルも一定グレードより下はさんさんたる味
2極化が激しすぎる

レクサスとの対比結果は同感です
ジッチャンさんは私に近い車の価値観をお持ちだ(笑)
TOYOTA嫌いの私にはレクサスもやはりTOYOTA
日本人の平均値を見定め
最低限の走りの味で見た目の豪華さと低コストで車を作成
大衆受けする車を作るのが上手すぎます
それだけユーザーが
走るということ自体に重きを置かなくなった結果なのでしょうか

「あの味」を求める人は欧州メーカーをチョイス
この流れは当分止まりませんね
TOYOTAレクサス導入も「あの味」を求める人
を奪う目的ならよかったのに
あくまでも見得で高級外車にのる成金対応のTOYOTAレクサス導入

「味」を求める人には高くは無いでしょうね
しかし海外から見れば
ランエボ
S2000
タイプRシリーズ
インプWRX
その他ターボ車
等は日本で安価で手に入ることが羨ましく見えているそうですね

ジッチャンさん
これからも車の話を読ませてください
お願いします

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
な〜るほど、全文はこう言う感じでしたか!(^^)

肩を持つ訳ではありませんが「ポルシェ」について一言加えると…
って言うか、「ドイツ車」全般に言える事ですが、やはり「ボディ」が良いのでしょうね。
おっしゃる通り「一定の距離」を走ると「乗り味」はかなり落ちてくる!のですが(5万キロくらい)実は「ボディ」は頑丈なので、足回り交換(ダンパー・ブッシュ等…)で、かなり「新車」に近い状態に戻す事が出来ます。(純正ならそんなに「¥」高くは無いんですよ!)
それがゆえに、今でも「30年前の車」が堂々と走っているんですね〜。
せめて「レクサスの社員さん」は「欧州車」に乗ってみるべきだと思います!
(だってね、レクサス店の店長クラスでも「レクサス車」に乗らずに、トヨタ車「ミニバンやら、マークU等々…」に乗っているのですよ!
悲しい話です!(TT)
ジッチャン
2006/11/13 20:55
あーもう!勉強になります!
こういう話が聞きたいのですよ!
読み物で得た情報の再確認!
ポルシェの話参考になります!

TOYOTAレクサスは!
やっぱり?
うーん(笑)
ヤン
2006/11/13 22:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジッチャンさんの最新試乗記にあふれたコメント カキナグール/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる